2017年3月2日木曜日

「毎日見ても飽きない」
いや、
「毎日見たくなる」

そんな CM を作りたい。
そして作ったのが2つのミニ CM

車に乗ってラジオを聞いていると、「交通管制センターの XX さん」が出てきて、時にその美声は "ずっと聞いていたくなる" 事がある。
日常の中に定着しつつも、花をめでるような感覚でそこに定着してるような動画。
それが今回のCMのコンセプト。

この二つのCMは、どう考えてもボクシング編の方が良いのだけれども、サッカー編は捨て石とまではいえないのだが、布石として考えていた。それは関西弁を使わせる布石。

場を温めて、カメラ慣れしてもらう。
時間が無いし、同時に観客に飽きられてはいけない。リハ無しでの一発撮りを覚悟して挑み、室谷さんもそれに応えてくれた。



カメラは私一人なので、メイキング動画を観客に撮影してもらう。
通常、メイキングの様子は別のスタッフやタレントのマネジャーが撮影しているだろう。
資源の有効活用である。
私も @mcmaruyama も、ねこまどの客であり、もちろんギャラなどない。むしろ持ち出しだ!なんという資源の有効活用であろうか。
その発想で、私も「観客を使ってやれ(笑)」と思った次第。

ただ、別の狙いもあり、それは「一体感」。
トークショーなので基本的には聞いているだけ。たまに質問ができるかもしれないが、機会は多くない。ずっと受け身なのである。それではなかなか会場が一体化しない。みんなで歌でも歌えばいいのだろうがコンサートではない。
観客に参加してもらうにはどうすれば良いのか?と考えて、この手法を取った。
ツイッターなどにあげてもらえると宣伝効果もあるし、別に手元で楽しんでもらってもいい。イベントにはいろいろな楽しみ方がある。


3.28 女流棋士の知と美では、さらに色々な表情を見ることができるだろう。
特に盤に向かった時の真剣な眼差しは、それが非公式戦だからといって「決して負けたくない」という二人だから、嘘偽りないものとなるはずだ。

だったら、私も舞台の上の二人に熱い眼差しを向けなければならない。

私だけじゃない。あなたもである。

みんなで最高の雰囲気を作り上げて、思い出の残る一日にしよう。


文: @totheworld